ニューアルバム「ユナイト」発売!

ありゃ〜、なんとサボりすぎて今年初日記ではないですか!
最近はSNSとかも色々あるのでついこちらがおろそかになってしまってますが、そんな中読んでいただきありがとうございます。

今年は夏に日本ツアーして、とりあえず盛りだくさんで充実して楽しかったです。そのツアーでは先行発売していた、久里子とのデュオアルバム、3枚目がいよいよ来月正式に発売します。
ジャーン!

今回は前回までのシンプルなデュオの音に久里子の初挑戦の歌も加え、よりバラエティーに富んだ作品になったと思います。今回のアルバムタイトルは“UNITE”日本語に訳せば「一つになる」という意味です。世界で日々、争い、問題など目につくかもしれないですが、我々みんな大きな命の一部。人間の体で例えるとして、僕が一本の鼻毛だとしたら、あなたはすね毛かもしれない、なんでもいいけどとりあえず鼻毛とすね毛で抜き合いっこしてもどっちにせよ体は痛いじゃない?って感じだと思うのです。そんな思いを込めつつ、聴いていただいた方が少しでも心安らぐ作品になればと思い製作しました。

なんとタイトル曲の「ユナイト」ではなんとなく思いついて人生で初めて歌詞も書きました。そして、これまた人生初、自らも歌ってしまいました。最初、僕が歌う!と宣言した時、真面目に歌のレッスンにも通い日々練習もしていた久里子からは「ちょっと、本気?勘弁してよ!」的なオーラが出まくってました(なんせ人前で歌ったことなどないし家でもほとんど歌っていないのでそりゃそうか)。が、最後はこちらの情熱に負けたのか渋々了承してくれました。実は夏のツアーでも4回ほど歌ったのですが、やっぱ人前で歌うの初めてだし、ライブはちょっと緊張しちゃいました(ありがたいことに、一番大きいところで280名が満席になったホールでしたし)。でも、あとから暖かい言葉もかけていただきやって良かったなと思います。

10月11日にApple Music, Spotifyなどのストリーミング配信も開始されます。
CDは僕らのストアからの販売のみとなります。今のところ店頭への流通はなしの予定なのでご了承ください。ということでCDが欲しい方はこちらのサイトからぜひご購入ください。ダウンロード配信(ハイレゾも含む)もありますよ。

ちなみにジャケットの絵は4歳の娘が描いてくれました。CDのジャケットの他の面にもかわいい絵がついてます。ちなみに上のフライヤーのブランコに座ってる写真は2歳の息子が撮ってくれました。とりあえず三脚立てて「その銀色のボタン(シャッター)押して〜!」といったらなんどもシャッター押してくれました。なかなか良い腕してます。今回も、録音は自宅にてしましたし、ジャケットも自作。家庭の味のような皆様の生活に馴染む音楽であればいいなと思います。

色々書きましたが、皆様に聴いてもらえるのを楽しみにしています。
発売までもうしばらくお待ちください!!

阿部 大輔 & 津川 久里子/ ユナイト

【Member】阿部 大輔 (ギター、ボーカル) 津川 久里子 (ベース、ボーカル)

【Tracks】
1. ふるさと
2.できた!
3.ワンス・アポン・ア・タイム
4.おぼろ月夜
5.パパ・フルムス
6.カスケード
7.ゴー!
8.夜桜
9.では、また!
10.ユナイト

■商品紹介
NYのジャズシーンで長年活躍するギタリスト阿部大輔とベーシスト津川久里子のデュオアルバム第3弾。 曲ごとに情景が浮かぶ両者のユニークで緩急溢れるオリジナル曲と共に童謡『ふるさと』『おぼろ月夜』では津川久里子の透き通るような歌声が加わり、更に重厚で深みのある作品に仕上がっている。 また、阿部大輔が作曲に加えて作詞も手がけた『ユナイト』では自らも味のあるボーカルを披露。 NYで培った豊かな音楽性と日本の心が織り混ざった唯一無二のアコースティックサウンドは必聴!

【Credits】

Produced by Daisuke Abe and Kuriko Tsugawa
Recorded June 17th & 20th, 2019 at UoU studio, Brooklyn, NY
Mixed and Mastered by Katsuhiko Naito
Illustration by Akari Abe
Cover Design by Daisuke Abe

今年のおわりに

みなさんもう今年もあと1日を残すばかりです。
人間が勝手に決めた暦ですが、一年という区切りを持って、気持ちやを整理してまた新たに人生を送るのもなかなか良いものだと思います。

今年は日記は今回で二回目と全く日記の機能を果たしてませんでしたが、とても愉快で充実した一年だったと思います。まーあまり過去を振り返ることも多くないので日々いろいろ熱中していて、すでに過ぎ去ったことは忘れていると言った方が正確かもしれません。

ということで必然的に思い出すことは最近のことになるわけですが、先月の2年ぶりの日本は本当に楽しく、充実して、感動もいっぱいした素晴らしい旅でした。というわけで振りかってツアー記を書いてみたいと思います。

佐賀の干潟にて

まず、うちの下の息子にとっては初めての日本で、うちの父に息子を会わせることができました(義父母、そしてうちの母は息子が生まれたばかりの時にニューヨークまで会いに来てくれたのですが父は来れなかったので今回が初対面でした)。それに加え、今回は母の生まれ故郷である九州にも行き、多くの親戚たちとも家族で時間を過ごせました。うちの二人の子供たちにとっては、とてもとても刺激の多い、そして日本の文化を体験してもらう良い時間になったような氣がします。その子供たちも日本が大好きと言ってくれてなんだか嬉しいものでした(下の子はまだしゃべれないので正確にはそう言ってはいませんがそんな雰囲気、はは)。僕も久々にたくさんの甥っ子、姪っ子たちに会えて、みんな可愛くて、みんな近寄って来てくれるし、大輔おじさんは感激でしたよ。

今回は、演奏は8カ所でありましたが、どこのライブも本当に多くの方に助けられ、多くのお客さまに来ていただき最高でした。

福島県福島市 片岡鶴太郎美術庭園にて

日本に到着して、次の日は早速ツアー初日でした。福島県福島市片岡鶴太郎美術庭園にてUoUの10周年記念コンサート。満員御礼!楽しい!詳しくはUoUブログに書きましたのでこちらを

福島県南相馬市 岩屋寺にて

ツアー2日目は福島県南相馬市 岩屋寺(がんおくじ)にて。これまた最高!小森さんのオルガン初めて一緒に演奏したんですが良いんですよ。
これまた詳細はUoUブログに書きましたのでこちらを!

成城 cafe Beulmans にて

翌日は、福島から車で実家の所沢に帰りちょっと休んで成城へ。ニューヨークでも最近よくご一緒させていただいている、平麻美子さん久里子との3人でのライブ。月曜にもかかわらず満員御礼!暖かい時間。高校、大学の同級生、もたくさん、また同業者の活躍するギタリストの友人が4人も来てくれた!風邪気味だったのに喋りすぎて声が出なくなった。。とても楽しくライブを終えて帰ろうとしたら、車のライトをつけぱなしで車のバッテリーが上がっていてうんともすんとも言わない!くたびれているところに効きますね〜。久里子もぐったり。。一時間ちょっとぐらいで業者の方が到着、復活して帰路につく。帰宅午前4時。まー次の日はオフだからいいか。

と思いきやちょっとだけ寝て朝6時に起きて浜松へ!
1年ほど前にオーダーしていたギターが完成していたので取りに行ってきました。本郷道太さんによるクラシックギターです。職人技で丁寧に手作りされた美しい楽器で、一年待ったかいがありました。すでにいい音でとても気に入っていますが、これから弾き込むと変わっていくとのことなのでこれから共に成長していけるのが楽しみです。

この日は9時過ぎに浜松について、本郷さんに駅まで車で迎えに来ていただき、本郷さんの自宅兼工房にお邪魔しました。ギター同様、自宅の畑で野菜を育てそれを食し、無駄のない生活をされていて、日本の職人魂を感じる、お話もとても興味深くて、とても良い時間でした。その日は、久里子がライブなので子守担当の日なのでお昼ぐらいにまた所沢に出発、帰宅して久しぶりに両親とそして子供達、甥っ子たちと時間を共にしました。これまた良い時間です。

次の日は、朝から一家で九州のライブに前乗りのため出発。成り行きで、一家4人に加え、僕の母、僕の妹とその二人の子供、そして近所に住む母の友人も一緒で9人で旅をするという珍道中に。飛行機で福岡へ、そしてレンタカーで佐賀県の叔母の家へ。

なんでもこの家、増築時はしているものの、一番古いところは築140年だそうです。小さい頃から夏休みとかにたまに来てたのですが、泊めてもらうのは25年以上ぶり。昔は家は古いし、トイレともとても暗くて泊まるのがちょっと怖かったものですが、今回は、今は失われつつある日本の建物の良さに改めて触れてとても感銘を受けましたし、何よりここに泊まれて嬉しかったです。子供達のにもとても良い経験になったと思います。

福岡 Five Penniesにて

次の日は、午前中は干潟に行ったり、牡蠣食べたりして観光して夜は、福岡Five PenneisでUoUでも一緒の小森さんにピアノで加わってもらいライブ。こちらも満員のお客さまに集まっていただき(いろいろ動いてくれて、応援してくれた従兄弟に大感謝)、とても楽しい夜。僕自身はライブ前には連日の盛りだくさんで結構くたくたに疲れていたのですが、小森さんにもらった朝鮮人参エキスを飲んだら元気が出て乗り切れました。ライブ後はラーメン屋でおしゃべり。久里子と小森さんはニューヨークでホテルでデュオの演奏の仕事を週6日で2年間一緒にやっていた仲良し。話しだしたら止まりません。ライブ後はラーメン屋でおしゃべり。

佐賀浪 漫座にて

次の日は、佐賀の浪漫座にて久里子とのデュオライブ。こちらも泊めていただいてる叔母さんが神のようにたくさんお客さんを集めてくれたりで本当にたくさんのお客さまに集まっていただきました。本当に感謝です!買ったばかりの本郷ギターも早速使用。素敵な夜になりました。

ライブの翌日の朝、家族は一足先に所沢に帰宅。僕は佐賀に残ってギタリストの城島弘幸くんに主催していただきギターのクリニックを開催。生徒さんは2名だけでしたが、少人数の分個人レッスンのようにじっくり時間をかけてレッスンできました。受講いただいた方はとても熱心で、しかもモチベーションがかなり上がったとのことなのでお役に立てて良かったです。クリニックを終えて夜の便で所沢に戻ります。

新所沢 花水木にて

次の日は地元、新所沢にあるカフェ、花水木にて久里子とデュオでライブ。
こちらもいろいろな人に助けられ満員御礼!高校の野球部の仲間たちもきてくれて嬉し。
終了後はその野球部の仲間と焼き鳥屋で飲み(と言っても僕は最近酒は飲まないのですが)。いつ会っても変わらず話す高校時代の昔話、楽しいものです。

そして翌日は朝から鶴見へ、ツアー最終日、UoUでのコンサート。
こちらの模様もUoUのブログに詳しく書いてますので読んでみてください。

鶴見サルビアホールにて

ツアー無事終わりました!いやーくたびれたその次の日は車の免許が失効していたため、埼玉県鴻巣市の運転免許センターへ。無事再交付してもらえました(しかもゴールドのまま)。その夜は家族みんな揃って団欒。

そして翌日はもうニューヨークへ戻る前日、千葉の久里子の実家へ。
そこでまた一家団欒。そして次の日には飛行機でニューヨークへ。
そんなバタバタの旅でした。

ニューヨークへ戻ってからもすぐ仕事が入ってったりでいろいろ面白いこともあるんですが、長くなりましたので今日のところはこの辺で失礼します。

ふー、なんとか書き終えました。
また来年お会いしましょう!

皆様、良いお年をお迎えください!!



2年ぶりの日本!(10ヶ月ぶりの日記)

うわー、ビックリ!すっかりブログ書いてなくて今年初日記です。
以前書いたのが10ヶ月前、最近はソーシャルメディアもいろいろあるしすっかり怠けてました。楽しみにして見てくださっていた方ごめんなさい。

10ヶ月間、色々ありましたが、とりあえずとても元気に生きてます。3月に15年ほど住み親しんだクイーンズを離れブルックリンに引っ越したのはとても新鮮な変化です。

今の家は海(Brighton Beach)から割と近く、走って二十分ぐらいなのです。というわけで夏の間は朝早起きして(子供達が起きる前に)海まで走って、そのまま海へドボンと入り泳ぎまた走って帰ってくるというニューヨークにいるとは思えない贅沢な時間を過ごしていました。とてもこの地がとても気に入ってます。やっぱ自然と触れ合う時間はとても大事です。海までのランニングはもちろん下のワラーチを履いて。

9月からは長女も幼稚園に通うようになり、まだ慣れない英語での新しい生活に最初は戸惑いながらもしっかりと順応して確実に成長している娘の姿に日々感動しています。また息子も歩くようになって少しずつしゃべり出してきて、本当に心優しいのんびり屋で可愛くて、毎日癒されてます。

娘作の家族の絵。妻、久里子とのデュオの2作目『アナザー・ジャーニー』のジャケットも娘に書いてもらったのですがずいぶん作風が変化してきました。ちなみに一番右手いるヒゲ生えたのがお父さん。父の存在は小さいのです。ジャケットはこちら↓

二人の子供と接していて、彼らは自分の世代よりもより進化した新しいタイプの人類なんだなぁ、漠然と感じています。なんとなくですが、彼ら僕よりもずいぶん精神的に成熟している気がするのです。彼らの未来により良い世界を引き継ぐためにも意識、行動ともに改善していくこといっぱいあるなぁと感じている今日この頃です。

他にもいっぱいシェアしたい話はあるのですが、今日はとりあえず11月に2年ぶりに日本に帰国してライブをするのでそのお知らせです。

今回は2週間の滞在と限られた中で8本ライブがあります。

今年は、やっているUoU(ユーオーユー)の結成10周年ということでその記念のライブをやります。メンバーの今の居住地はNYに2名、関東に2名、九州に1名ということで(しかもメンバー全員まだ小さい子供の親なので)なかなか一緒にできるチャンスがないのですが、今回また揃って演奏できるのでとても楽しみです。

詳細はUoUのウェブサイトにのってます。(サイト新しくなりました!僕が夜な夜な作ったサイトなのでぜひ見てね。)

『アナザー・ジャーニー』のCD発売記念ライブもやります。こちらもぜひお見のがしなく。

あとはNYでも最近よく一緒に演奏させていただいている歌の平麻美子さんとのライブもあります。こちらも楽しみです。
11月 19日 (月曜日)  成城 cafe Beulmans 
平麻美子 : vocal + 阿部大輔 : guitar + 津川久里子 : contrabass from N.Y. 19:30 OPEN 20:00 START 2ステージ(入替なし) MC=3000円 +2drinks order

フライヤー!ライブにぜひ来てください!!

それではまた次回!

 

ソロ、そろそろ発売、ビデオたち

こんにちは、NYはサンクスギビングも終わりクリスマスムードになってきました。
ところで先日はKitanoでソロギターのライブがありました。
結果から言うとても充実した楽しい素敵な夜になりました。
ソロでのライブなんて本当に稀な事で、しかも3セットもあったのでこりゃどうしましょうと話をいただいてから思っていましたが、自分なりのソロ演奏について試行錯誤する良い機会になりました。

考えてみた結果、やはり奇をてらわず、凄いこともやろうとせず、気持ちを込めてシンプルにかつ即興性を大事にソロ演奏しました。今回はナイロン弦のギターを弾くときはクラシックギターを習い練習してきた指弾きを本番で初披露することができて(去年まではピックでしか弾けませんでしたので個人的には大進歩)、新たな可能性が見えてきたライブでした。

と言っても、素晴らしいゲストのチェロの青森朋也さんと、これまた素晴らしいギタリストの塚本浩哉さんもゲストでたくさん参加してくださり、本番では結局あまりソロでの演奏はたくさんはしなかったのですが。
初共演のゲストの朋也さんとの演奏は初めてとは思えないほど、自由で刺激的でした。またぜひやりたいと思います。ちなみに朋也さんはチェロはもちろん、コントラバス、パーカッションも才能に満ち溢れた信じられないほどすごい音楽家です。
塚本さんとも人前では初めての共演できとても有意義な時間でした(お互いお父さんで娘同士が仲良しなので子供の面倒見つつ家でセッションはしているのですが)。塚本さんは、本当に美しい曲をかき美しい音で奏でるとても素敵な音楽家です。

演奏後にパシャリ。

ところでフェイスブックなどではおしらせしていましたが、諸事情により、ニューアルバム『アナザー・ジャーニー』の発売日が11月22日からちょっと遅れて12日13日に延期になりました。お待たせして申し訳ありませんが下記のサイトなどですでに予約いただけるようです。よろしくお願いします!

HMV
Tower record
楽天
Amazon

発売までお待ちいただいているしばしの間、下のビデオをお楽しいただければと思います。

まずは津川久里子作成のアルバムプロモーションビデオです。僕は役者として名演しています。

続いてはアルバムの中から津川久里子作曲の「ニューボーン」を。

もう一曲アルバムの中から、私作曲の「こころみず」です。

いずれもiPhoneのカメラで自宅のアパートで撮った手作りビデオです。便利な時代ですね。
また他の曲もアップしていく予定です。
お楽しみに!

阿部大輔&津川久里子『アナザー・ジャーニー』発売!

夫婦デュオアルバム第2弾『アナザー・ジャーニー』完成しました。
お知らせ遅くなりましたが、昨日10月30日に発売しました。(日本でのCD流通発売は11月22日となります、もうしばらくお待ちください!)。

前作同様、オーバーダブなどは一切なしのベースとギターのみのシンプルなデュオでの録音です。ぜひ聞いていただければ幸せです。

日本でもiTunesではすでに販売開始しています。

CDの発売に合わせて、日本向けのウェブストアを開設しました。

UoU Music Store

このサイト限定のハイレゾ音源なども販売してます。
ぜひご覧いただければ嬉しいです。
発売記念でハイレゾ音源などSALE中です!

ハイレゾ音源って何?という方も多いかもしれません。簡単に説明しますと、CDよりも音の情報量が何倍も多い音源ファイルの事です。
個人的にはより自然で奥行きの感じられる響きが感じられる気がして好きです。(とても些細違いなのでよーく聞かないと違いが感じられないかもしれませんし、演奏内容は変わらないのですが。)ファイルのサイズもアルバム一枚で1ギガ弱と大きいですし再生機器も選ぶので再生にも手間がかかり万人におすすめできませんが、より音質にこだわる方にはとてもおすすめです。

ちょっとマニアックな話になってしまいましたが、またアルバムの内容、制作秘話などいろいろ書きますのでお楽しみに。

今日はこの辺で。

精魂込めて作ったアルバムです。ぜひ聴いてください!

Kenny Shanker : The Witching Hour

サックス・プレイヤーのKenny Shanker(ケニー・シャンカー)のアルバムが先月発売になりました。彼のバンドには4、5年参加していて、とても良いバンドで素敵な仲間たちです。ケニーの音楽はとてもメロディアスでストレートでかつ彼らしい個性がありとても好きです。
全曲ギターで参加しています。
バンドサウンドはどんどんタイトになって良い作品に仕上がってると思います。このジャケットもヤバくて好きです!
ぜひ聞いてみてください。

メンバーは、
Kenny Shanker –  saxophone
Mike Eckroth – piano
Daisuke Abe – guitar
Yoshi Waki – bass
Brian Fishler – drums
です。

過去には同じバンドメンバーで2枚アルバム出てますのでこちらも合わせてよかったら聞いてみてください!


Action City / Kenny Shanker

Coalescence / Coalescence

ブログ引越、第二子、主夫

この度ブログを心機一転して引っ越しました。
恥ずかしながら今年の初日記となります、まだ今年お会いしてない方々あけましておめでとうございます!
ブログ引っ越して更新も楽になったのでこれを機にもう少し頻繁に書きます(毎回そう言っているのですが)。
今回気が付いたのですが、この新しいブログに引っ越しそして設定する作業はとても楽しく、どうやらブログ書くことよりもブログを引っ越しすることの方が好きなようです。

ところで最近一番の私的ニュースは二週間前に第二子(男の子)が母子ともに無事に我が家にやってきてくれたことです。今回も出産にも立ち会うことも出来てとても感動の連続のここ二週間です。

第一子の娘の誕生の際は義母が一ヶ月ほど手伝いに来てくれたのですが、今回は夫婦と我が子たちのみでの産褥期を過ごしています。妻は基本休むことと授乳が仕事なので、今回は僕がとりあえず一ヶ月は外へ出る仕事を一切入れずに(最近耳にする育休というやつです)、家事と上の子の面倒を全部担当しています。

生後二週間たちその主夫生活にもだいぶリズムがつかめてきました。今回主夫になってみて気づいたのはちゃんとバランスを考えて三食作って、上の子を公園などに遊びに連れて行って、掃除、洗濯、買い物などなどなかなか主夫はなかなか休む時間が取れないぐらい忙しいということです。

上の子はやはりお母さんと一緒の時間が少なくなってそのストレスもあるのかイヤイヤをお父さんにぶつけてくるし(もともと2歳で多少イヤイヤ期中ではあったのですが)、いろいろ日々苦戦することもありますが、やる前に想像していたより面白く、やりがいも感じられ、なかなか楽しんで時を過ごしている自分に少し自分でも驚いています。

合間を見つけて4月から習い始めたクラシックギターの練習にも地道にコツコツと熱中してます(この話題はまた後日)。少しずつ上達も感じられてとても楽しいです。
とりあえず妻の床上げまであと1週間はパタパタパパを楽しむつもりです。それではまた次回。

オギャー!

クリスマス、はるさん、宇宙

メリークリスマス!
公約通り、頻繁に更新ということで、今日は今月2度目の更新です。
クリスマスの12月25日は私の大親友であったベーシスト、はるさんこと高道晴久さんの誕生日です。
はるさんが亡くなって早4年が過ぎました。

はるさんとはボストンのバークリーに同じ時に入学して以来の付き合いで、初めて会った日に、セッションしようよ!と彼の家に招待してもらってセッションしたのが初めての出会いです。
私より3歳年上で、ジャズのことにもとても詳しかった彼には本当にたくさんのことを教えてもらいました。

バークリーでの一年を経てニューヨークへ移り住んだはるさんは、私が彼に連絡するたびに、「あべちゃんは絶対ニューヨークに来るべきだ!」と何度も言ってくれて、それもあってニューヨークに引っ越す決意ができたと思います。
私がニューヨークに移り住んだ後は、一緒に仕事探しの営業に街中のレストランを片っ端から回ったり、ギグ、セッションも数え切れないほど一緒にやりました。バカなこともたくさんしたし、ケンカもしました、泣きました。
なんだか自分の文章力が及ばず言葉にするとなんだか薄っぺらくなってしまうのですが、本当に大好きで大切な親友でした。

最近なぜかそんな彼と昔作った未発表の音楽をシェアしたい気持ちがふと湧いてきて今日この文章を書いています。
彼と当分一緒に演奏はできないけれど彼の出した音が世界のどこかで聞いてもらえたらはるさんはきっと喜んでくれると思います。
よかったら聞いてみてください。私のウェブサイトで全曲フルでアップしています。
(自分の12年以上前の演奏なんて今更おすすめして聞いていただくのはかなり恥ずかしいですが、はるさんの為ならしょうがないのです。)
下に紹介するの2枚のアルバムは特にはるさんのお気に入りでした。

Hubble_ultra_deep_field_s.jpg
宇宙 / Haru Takamichi 高道晴久
↑のリンクより音楽が聴けます。

メンバーは阿部大輔(ギター)、高道晴久(ベース)、中村雄二郎(ドラム)。多分2004年録音。
当時住んでいたWoodsideのアパートで録音しました。普通のアパートで中村雄二郎の爆音ドラムを叩いたため、さすがに近所から苦情が来ていたらしい。でも上の階に住んでいたやさしい大家さんは知らんぷりしてくれていたらしい。ありがとう!おかげでこの録音は残りました!全曲高道晴久作曲の壮大な宇宙の音楽。はるさん宇宙トーク大好きでした。ジャケットははるさん自作のものがあったのですが見当たらないのでオリジナルとは多少異なることをご了承ください。

Message-From-North.jpg
Message from North / Daisuke Abe & Haru Takamichi 阿部大輔 & 高道晴久
↑のリンクより音楽が聴けます。

こちらは私とはるさんのデュオ作品。確か2003年録音。
こちらも当時住んでいたWoodsideのアパートで録音。

はるさんとはデュオで4枚ほど作りました。(全て未発表ですが)
作りたくてしょうがなくて、安い機材で工夫して録っていました。
今年出た久里子とのアルバム「ピュア・ソングス」のアイデアの源流です。
「ピュア・ソングス」にも入ってる曲、Message from Northもやってます。

haruabe_s.jpg

当時の写真。2枚のアルバムを録音したアパートの前で。
はるさん、誕生日おめでとうございます!

師走、雪、ジャマイゴ

お久しぶりです。こんにちは。
師走のNY今日は朝起きたら雪が積もっていました。
気がつけば8月の帰国の前に書いて以来のブログ更新です。
8月、9月の日本滞在はとても楽しく実りのあるものでした。遅くなりましたが応援ありがとうございました!

DSC_1233 (1)

師走のNY今日は朝起きたら雪が積もっていました。
2歳になった娘は大はしゃぎです。最近おしゃべりが日増しに上達している娘は本当に毎日笑わせてくれます。

個人的にツボなのは、微妙に言葉を間違えて覚えてるシリーズです。

例えば、
トナカイさんは //// トカナイさん(ん?渡河内さん?)
ジャガイモは //// ジャマイゴ (ジャマイカみたい)
鼻くそ //// 鼻ソック (指サックみたい)
とうもろこし //// とーもしき (?)

こっちが何度正しく発音し直して教えても毎回同じようにとても元気に間違えるから笑ってしまいます。
道においてある三角コーンを見ると
『とーもしき〜!』
と連呼。
コーンがとうもろこしだと知ってるところは偉いのですが。。
そんな愉快な毎日です。

気軽な日記を頻繁に書いていく、そんな気分になってます。
ということで久しぶりの日記は気張らずにこの辺で失礼します。
また、色々書いていきますのでまたいらしてください!

今週から日本ツアー2016始まります!

みなさんこんにちは。
日本も猛暑のようですね。NYもなかなか暑い今年の夏です。

数週間前からふとうちの本棚に目に付いた山崎豊子の『二つの祖国』を再読しています。
とりあえずものすごい作品だと思います。読んだことがない方この機会にぜひ。
久々に読んでみて、70年前の状況を思い浮かべると、今こうして普通にアメリカに暮らしていることがとてもミラクルに思えます。そしてうちの日系2世の娘(今の所多重国籍ですが)の将来も含めとても考えさせられました。
読んだことがない方この機会にぜひ。今読みたい本がいろいろあるので、日本で買って読むのが楽しみになってきました。

そうなんです!この日記ではお知らせ遅くなってしまいましたが、今週8月12日より日本に一時帰国して演奏します。
阿部大輔&津川久里子「ピュアソングス」発売記念ライブやおなじみUoUのほか久しぶりの共演も多々ありとても楽しみなライブばかりです。1年ぶりに日本の皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
是非とも聴きにいらしてください!

阿部大輔日本ツアー2016

8/12(金)
藤山”ET”英一郎セッション
名古屋 Mr.Kenny’s
前売3,000円 当日3,500円
藤山”ET”英一郎(drums)
小濱安浩(sax)
島田剛(bass)
阿部大輔 (guitar)

8/13(土)
“阿部大輔 from N.Y.”
大阪 谷町九丁目サブ
1st set 19:00/1800円
2nd set 21:00/1800円
阿部大輔(guitar)
長谷川朗(sax)
木畑晴哉(piano)
坂井美保(bass)

8/14(日)
神戸 オールウェイズ
“阿部大輔 from N.Y.”
18:30/20:00
予約3000円 当日3500円 学生2500円
阿部大輔(guitar)
長谷川朗(sax)
萬恭隆(bass)

8/15 (月)
大阪 谷町九丁目サブ
“阿部大輔 from N.Y.”
1st set 19:00/1800円
2nd set 21:00/1800円
阿部大輔(guitar)
長谷川朗(sax)
藤川幸恵(piano)
時安吉宏(bass)

8/16(火)
下北沢 アポロ
市野元彦(guitar) 阿部大輔(guitar)

8/18(木)
名古屋 ピアチェーレ
小濱安浩オルガンセッション
開場19:00 開演20:00
チャージ3,300円
小濱安浩(sax)
坂本菜々(trombone)
ハル土田(organ)
阿部大輔(guitar)
倉田大輔(drums)

8/20(土)
新所沢 花水木
阿部大輔&津川久里子「ピュアソングス」発売記念
開場15:30 開演16:00
チャージ2500円(1ドリンクつき)(要予約)
※昼間のライブです。ご家族連れでぜひどうぞ。
阿部大輔(guitar)
津川久里子(bass)

8/21(日)
上田 CAFE LITTLE MATILDA
阿部大輔&津川久里子「ピュアソングス」発売記念
開場17:00 開演18:00
チャージ2500円
ご予約 0268-71-5656
阿部大輔(guitar)
津川久里子(bass)

8/27(土)
佐賀 浪漫座
阿部大輔&津川久里子「ピュアソングス」発売記念
開場18:30 開演19:00
チケット2500円(1ドリンクつき)
阿部大輔(guitar)
津川久里子(bass)

9/2(金)
中目黒 楽屋
UoU(ユーオーユー)Live 2016
開場18:00 開演1st set19:30, 2nd set 21:00
予約2500円 当日3000円 学割2000円
ご予約 03-3714-2607
山田拓児(as,ss,bcl)
阿部大輔(guitar)
津川久里子(bass)
二本松義史(drums)

9/3(土)
茅ヶ崎 ハスキーズ ギャラリー
UoU(ユーオーユー)Live 2016
開場 15:30 開演 16:00
予約 3000円 当日 3500円
ご予約 0467-88-1811
山田拓児(as,ss,bcl)
阿部大輔(guitar)
津川久里子(b)
二本松義史(ds)

9/4(日)
成田 クラウドナイン
阿部大輔&津川久里子「ピュアソングス」発売記念
開場14:30 開演15:00
チャージ2500円 学生1500円 12歳以下無料
※昼間のライブです。ご家族連れでぜひどうぞ。
ご予約 0476-22-2532
阿部大輔(guitar)
津川久里子(bass)

9/6(火)
調布 ギンズ
JAM company
~The DUO~@GINZ[調布]東京都調布市小島町2丁目25−8
ご予約042-489-1991
開場19:00 開演20:00
チャージ3,500円(高校生以下無料)
本間将人(sax)
阿部大輔(gt)

9/7(水)
横浜 モーションブルーヨコハマ
阿部大輔&津川久里子「ピュアソングス」発売記念
開場18:00 開演19:30
No charge day! チャージ無料!
阿部大輔(guitar)
津川久里子(bass)

9/8(木)
御茶ノ水 ナル
UoU(ユーオーユー)Live 2016
開場 18:00 開演 1st set 19:30, 2nd set 21:00, 3rd set 22:30
チャージ2500円
ご予約 03-3291-2321
山田拓児(as,ss,bcl)
阿部大輔(guitar)
津川久里子(bass)
二本松義史(drums)

最後に5月にKitano NYで行った『Pure Songs』のCD発売記念ライブの映像です。
岩切天平さんに素敵にとっていただきました。楽しんで頂ければ嬉しいです。



PureSongs_CDreleaseshow_Flyer_motionblue_07_s.jpg
UoUlive2016_final.jpg