まだ春は来ないのか。

3月も後半ですがまた雪が降りました。空気もまだ冷たいです。
冷たいといえば、僕はこの無愛想な態度なためか,つめたくて怖い人のように思われがちなようです。そんな怖そうな人と出会ったときにどうしたらいいかということを、僕はあるギターの先生から昔教わりまして僕はそうかーとためになったので皆様にもお教えします。

とりあえず怖そうな人にあってぶるっときたら、その人の子供時代を想像するのだそうです。どんな人でもかわいい子供の頃はおしっこ漏らしたりしてたわけで、それを想像したら怖さもなくなるとこういうわけです。 若かりしあべ↓


ほーら怖くないでしょ。

Bluenote

ちょっと早めに宣伝しちゃいます。
April 10 (sun)
Daisuke Abe featuring Rodney Green
Sunday Brunch 12:30&2:[email protected]BlueNote NewYork 131 W. 3rd St
New York, NY 10012 212-475-8592
Rodney Green(dr), Matt Brewre(b), Walter Smith(ts)
メンバーは皆僕のレコーディングに参加してくれたミュージシャンたちです。
ブルーノート初出演です。やったね。
楽しくなると思いますし、ぜひ聴きにいらしてください!

はる到来

予定していたレッスンもキャンセルになったことだし、今日は近所に住むベーシスト、はるさんとセッション。彼とは、バークリーの同期でNYにきてからも多くの仕事を共にしお世話になった戦友みたいなものです。彼は最近世界一幸せなので、幸せな音がしてました。久しぶりの演奏だったがこれまで数えきれぬぐらい一緒にやってるのでなぜか息はあってしまいます。
僕の新曲も3曲やってみて、なかなかいいかもと自己陶酔。皆様のお気に召しますかどうか。

そう僕は曲を書くのが好きです。ほぼ毎日何かしらの形で曲作り的なことをします、といっても大それたものではなくただ何かに狙いを定めて(たとえば今日はBメロディックマイナー探求の日とか)、その狙い中だけで何か僕の好きなものが生み出せるか試すといった感じ。もちろんただ心の赴くままに何も考えず作る時も多いですが、何か規制を自分に与えることでたまに自分でもおっと思うものが出たりします。そんな瞬間が楽しく、曲を書くのがすきなのです。そんな音楽の話でした。

お勉強

最近借りた音楽ビジネスの本を読んでみたり。結構面白い。そのうち役に立つといいなー。
ただ物によっては、細か過ぎて、さらに日本語が難しいため、結構読み飛ばし。。眠くなる〜
個人的には、一番上の赤い本が一番読みやすいしわかりやすい。まーアメリカの音楽業界のことなので、日本の状況とは違うところも多いです。あと載っている例は10万枚〜みたいなビックなやつばかりですが。
いやーややこしい。

おつかれさまで。

今日は、ダンスの最終日。
今までの中では一番良かった気がする。
僕らの担当した作品の作者のかおりちゃんは今学期で卒業だそうです。
最後に満足してもらえてたらいいけどなーと思います。
今日はカメラを持っていったが電池がなく、一枚もとれず。
残念ってことで代わりに今日はなつかしの僕の卒業式の写真でおわかれです。なんでやねん。
左は、ボストンでのルームメイト、ゼット君、手前にいるのは今のルームメイト、ナオキ選手。

Make over

前回散髪してから早4ヶ月強、人に会う度に髪きりなさいと言われるこの頃。

使用前
ご覧のように目にも入るし、見苦しいわけです。
そんなわけで今日は、さっぱり散髪に行ってまいりました。
切ってくれた美容師さんには、よくこんなになるまで我慢しましたねーとのコメントをいただき。
大量の髪を辛抱強く切っていただきました。
マッサージもうまいし、自分の肩がこりこりなのにも気づかされました。
なんか気分もすっきりでなかなかいいものですね。
使用後
すっきり〜、男前になっちゃいましたか?

おどりたいです。


今日はダンスの一日目、出番は最後なので前半の作品たちは見ることが出来ましたが、いろんなスタイルの踊りがあって楽しい。
音楽がダンスの作品にとって大きな役割を持つとも実感、というも無音状態での踊りよりも音楽によってその踊りがよりダイナミックに見えたり、何かの意味を持つように見えてくることがある気がするからです。 僕の曲はちゃんと踊りを引き立ててたらいいけどな。
あとダンサーたちはよくあんな振り付けを覚えるなーと素直に関心、人によっては複数の作品にも出るのですから。ダンサーたちはこの日のためにたくさん練習してきたわけで、そんな姿を見ると僕らの演奏でパフォーマンスを台無しには出来ないな、と気も引き締ります。

そんなわけで本番、あっという間でしたが広いホールで演奏して気持ちよかった。
ダンサーたちはみんな本番はいっそう輝いて見えました。
このプロジェクトあさって3/19にもやります。もっとよくしたい。

右の写真は今日ばったり出会ったトリ君、なかなかトリッキーな動きをしてました。

たんじょうび

今日は、僕のレコーディングでもたたいてくれたRodny Greenの誕生日ってことでお祝いしに彼のバンドのギグを見に行きました。彼はいつもいろいろな面で僕をサポートしてくれて、友達になれてよかったです。もちろん彼のドラムはスーパーです。今回も僕のKuraという曲をやってくれてました。ちょっとジーンときてみたり。

ところで明日3月17と19日にコンテンポラリーダンスとの競演をやります。
曲は、長谷川郎さんと僕の共作です。ダンスに音楽をつける僕にとっては初めての興味深い体験となりました、良ければお越し下さいね。
詳細は:
Hunter College Dance Company will have its Spring Dance Concert on March 17,18 &19 @8pm at The Kaye Playhouse at Hunter College (entrance on 68th St. Bet Park and Lex Ave.) For ticket reservations, please call (212)772-4448. The tickets are priced at $15 for Adults, $10 for Seniors/non-Hunter Students and Free for Hunter Students with Student ID.
です。

J-Jazzっていいよね。

今日はNY名物百々徹[email protected]’s needleの日です。
百々さんのピアノはとにかくすごいです。NY、J−Jazz(注、じゃんけんジャズではない)軍団のリーダーでもあります。演奏を聴くといつも僕もがんばらなきゃと思います。

このピアノを弾いているのは片倉まゆこさんです。あべ日記に登場したいとのことでしたので、バッチリ出てもらっちゃいます。やさしくて、すごくいいピアノを弾きます。

下段の写真は終了後の、クインシーデイビス(中央)と著作権ビジネス考察の夕べの模様です(うそ)。
みんな才能あふれるすばらしいミュージシャンばかりです。みんながんばってます。僕もがんばろー。

今日のお料理(ちょっとおしゃれなブランチメニュ〜)

ポテトの和風カレー卵炒め&レタス、以上2品。

ジャガイモ、人参,タマネギを適当にきり塩こしょうで炒める。
ちょっとこげそうなので水を入れてみる。
カレー粉とついでにカツオだしもいれて、水気が切れたらタンパク源に卵も入れて出来上がり。
お味の方は、おなかが減ってたのでおいしかったです〜。